さかき原枝都は 

さかき原枝都は へのご連絡やその他……です。

Emaergency Doctor 救命医 Ⅳ

この小説は「小説家になろう」「エブリスタ」にも公開しております。 ncode.syosetu.com estar.jp Emaergency Doctor 救命医 Ⅳ 直ちにオペをしなければこの患者は死ぬ。 刻々とその状態を変化させる症状。今がよくともその後は……医療において絶対と言う言葉…

疑惑と疑問Ⅱ・トライアングルサーバー・エイジェンシー

トライアングルサーバー・エイジェンシー 疑惑と疑問Ⅱ 投稿サイト「カクヨム」にて連載中です。 kakuyomu.jp この研究の真意。それは「無」 すべてを失くすこと。この世界は常に破滅に向かい進んでいる。未来という輝かしい夢物語は何もない。 二千三十年創…

Emaergency Doctor 救命医 Ⅲ

Emaergency Doctor 救命医 Ⅲ Emaergency Doctor 救命医(さかき原 枝都は) - カクヨム Emaergency Doctor 救命医 「小説家になろう」 estar.jp 時に災害時には予想もつかない事態が救命の現場を錯乱させる。 高速道での多重事故。負傷者暫定50名。 北部救…

トライアングルサーバー・エイジェンシー

この作品は投稿サイト「カクヨム」にも投稿しております。 ストリーの始めの部分は「カクヨム」をご覧ください。 kakuyomu.jp 疑惑と疑問Ⅰ それは、霧﨑がアンジェを連れてネバタの研究所へ向かう時、ウーラから訊いたあの事故の事だった。 「重要機密事項」…

Emaergency Doctor 救命医 Ⅱ

Emaergency Doctor 救命医 Ⅱ Emaergency Doctor 救命医(さかき原 枝都は) - カクヨム Emaergency Doctor 救命医 「小説家になろう」 estar.jp 「命を粗末にする人って許せないんでしょ……未だに」 「そして姉さんを救えなかった自分にも……」 この声が何度も…

トライアングルサーバー・エージェンシー

この作品は投稿サイト「カクヨム」にも投稿しております。 ストリーの始めの部分は「カクヨム」をご覧ください。 kakuyomu.jp ◆◆砂漠の赤焦げた大地に この大地はアメリカの砂漠とは違い、いやそれよりももっと過酷でこの砂漠で生きることの厳しさを、頬をさ…

桜が咲いて……また桜は咲く

君に出会ったあの日を忘れない この小説は「小説家になろう」サイトにも投稿しています。 物語の始めの部分は「小説家になろう」をご覧ください 君に出会ったあの日を忘れない 「小説家になろう」 ncode.syosetu.com ◆◆桜が咲いて……また桜は咲く 磨緒くんが…

Emaergency Doctor 救命医

この小説は投稿サイト「カクヨム」にも投稿しております。 Emaergency Doctor 救命医 kakuyomu.jp Emaergency Doctor 救命医 死の淵から命をこの世に生還させる。 これが今の俺の仕事だ。 人は精子と卵子が受精し、細胞分裂が行われた時点から生きると言う権…

屋上の自殺少女

この小説は思いつきのまま記載したものです。 小説投稿サイト「カクヨム」にも掲載しております。 kakuyomu.jp ◆◆屋上の自殺少女 空にめがけて私はとんだ。あの青い空をめがけて。足をそろえ手を十字に伸ばし、風を切った。17歳の夏。この世界と別れを告げ…

時は巡り合う

君に出会ったあの日を忘れない この小説は「小説家になろう」サイトにも投稿しています。 物語の始めの部分は「小説家になろう」をご覧ください 君に出会ったあの日を忘れない 「小説家になろう」 ncode.syosetu.com ◆◆◆時は巡り合う カランカランと玄関のカ…

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

「アニメ映画 打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 www.youtube.com 映像「東宝」アニメ映画「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」 もう20年以上前にフジテレビ系列「ifもしも」というテレビドラマの一作として放映された作品。 原作…

Ⅱ想いと現実と Ⅱ

君に出会ったあの日を忘れない この小説は「小説家になろう」サイトにも投稿しています。 物語の始めの部分は「小説家になろう」をご覧ください 君に出会ったあの日を忘れない 「小説家になろう」 ncode.syosetu.com ◆◆◆ Ⅱ想いと現実と Ⅱ 窓辺に佇み、たばこ…

夏の再会

短編小説 「夏の再会」 この小説は小説投稿サイト「カクヨム」にも投稿しております。 kakuyomu.jp 今年も、もうじきやってくる。 秋田県は大仙市大曲の夏の最大イベント。 大曲の花火の日が…… 人口およそ四万人弱の町は、その日だけは一変する。 この日、大…

Ⅱ想いと現実と

君に出会ったあの日を忘れない この小説は「小説家になろう」サイトにも投稿しています。 物語の始めの部分は「小説家になろう」をご覧ください 君に出会ったあの日を忘れない 「小説家になろう」 ncode.syosetu.com ◆◆◆ Ⅱ想いと現実と 真っ暗だと思っていた…

君に出会ったあの日を忘れない

君に出会ったあの日を忘れない この小説は「小説家になろう」にも掲載しております。 1話目からお読みいただけますのでどうぞご参照ください。 ncode.syosetu.com 小説家になろう 君に出会ったあの日を忘れない あらすじ 6年ぶりに母親の実家である秋田に…

コード・ブルー第3期 救命医療のフェロー達

コード・ブルー第3期今日2話目放映されましたね。 医療系ドラマは物凄く好きなんです。 各局でやっていた医療系ドラマ前は欠かさず見ていましたね。 でも最近は時間が取れなくて全くというくらい見てませんでした。 今回・・・只今長期休養中のため、見るこ…

僕は明日昨日のきみとデートする 七月隆文著作

物凄い人気の小説ですね「僕は明日昨日のきみとデートする」タイトル見たとき、ん、どういう事?と思いましたが、なるほどそういいう設定なんだぁと思わず関心と共にもし私がそうだったら、どうするんだろうと考えさせられるところもありましたね。 ぼくは明…

それって自意識過剰?

積み積もる人生という時間の中で私は今まで何度も踏みとどまってはまた、前を向いて生きてきた。正直今まで私が培ってきた人生は人に自慢出来る人生は送ってはいない。むしろ今思うと何をやって来たんだろうと振り返れば、その足跡は何も教えてくれ無かった…

まだ間に合う駆け込みバレンタイン手作りレシピ

もうじきバレンタインですね。 好きな相手に想いを込めてプレゼント。 正直本命チョコ渡すときってドキドキですよね。 Embed from Getty Images 「あ、あのぅ・・・これ・・・」 ほんとにドキドキしながら、手渡すチョコレート。 なんか想像するだけで胸が高…

とにかく投稿します。

はてなブログさんから、しばらく投稿されいませんねぇ と、 メールが送られてきて・・・アーそういえば、しばらく放置状態。 でも最近読んでいる本あまりないしなぁ。 投稿する記事無いなぁ。 と、 マーとにかく何か投稿しようと思い書いているけど、まった…

短編小説を書きましたよ

久しぶりの投稿ですね。 クリスマスは皆さんはいかがお過ごしでしょうか・・・ 私は仕事・・・トホホ 本当はもっと早く書き上げたかったんですけど・・・遅れてしまいました。 クリスマスに・・・ もう今から30年以上前の時代が舞台の恋愛小説です。 ncode…

活動近況とコメントのお礼お返事

id:tedokunusi TedO 様 コメントありがとう御座います。 私の空想の世界は美しいといっていただけるとは・・・ ちなみにこちらも、もしご興味ありましたらお読みくださいませ。 「白くなったキャンバスに再び思い出が描かれるように」 http:// http://ncode.…

石坂洋二郎 著作 「青い山脈」を読んで

最近にになり、石坂洋二郎という作家を思い出した様に、その代表作である「青い山脈」を読もうと思い読了いたしました。 青い山脈 (新潮文庫) 作者: 石坂洋次郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1952/11 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブロ…

短編小説投稿いたしました。

短編小説「想いでの重み」というタイトルで投稿いたしました。 歳を重ね人との出会いの中で求めるものを探り合うように、運命といえる人と出会う。 ちょっとアブノーマルな感じです。 sakakiharaetuha.hatenablog.jp

短編小説 想いでの重み

人との出会いは数奇なものだ。 今日は久しぶりに天気がいい。もうあの暑い夏の日差しは柔らかく私を包み込む様だ。 秋の花、コスモスが時折かすめる風にその花を軸の弱さを強調しているかのように揺れ動かす。 夏に大きく天に向けて咲き誇ったあの「ひまわり…

対岸の彼女 角田光代著作

直木賞作家の角田光代先生著作「対岸の彼女」を読みました。 対岸の彼女 (文春文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/10/10 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 70回 この商品を含むブログ (170件) を見る こちらの「対岸の彼女」は…

札幌アンダーソング 小路幸也著作

ちょっと異色の刑事モノ「札幌アンダーソング」小路幸也先生著作を読了しました。 札幌アンダーソング ラスト・ソング 作者: 小路幸也,あき 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/03/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「森山クラ…

テストの記事

これは・・・テストの記事です。只今設定中です。