さかき原枝都は 

さかき原枝都は へのご連絡やその他……です。

僕は明日昨日のきみとデートする 七月隆文著作

物凄い人気の小説ですね「僕は明日昨日のきみとデートする」タイトル見たとき、ん、どういう事?と思いましたが、なるほどそういいう設定なんだぁと思わず関心と共にもし私がそうだったら、どうするんだろうと考えさせられるところもありましたね。 ぼくは明…

それって自意識過剰?

積み積もる人生という時間の中で私は今まで何度も踏みとどまってはまた、前を向いて生きてきた。正直今まで私が培ってきた人生は人に自慢出来る人生は送ってはいない。むしろ今思うと何をやって来たんだろうと振り返れば、その足跡は何も教えてくれ無かった…

まだ間に合う駆け込みバレンタイン手作りレシピ

もうじきバレンタインですね。 好きな相手に想いを込めてプレゼント。 正直本命チョコ渡すときってドキドキですよね。 Embed from Getty Images 「あ、あのぅ・・・これ・・・」 ほんとにドキドキしながら、手渡すチョコレート。 なんか想像するだけで胸が高…

とにかく投稿します。

はてなブログさんから、しばらく投稿されいませんねぇ と、 メールが送られてきて・・・アーそういえば、しばらく放置状態。 でも最近読んでいる本あまりないしなぁ。 投稿する記事無いなぁ。 と、 マーとにかく何か投稿しようと思い書いているけど、まった…

短編小説を書きましたよ

久しぶりの投稿ですね。 クリスマスは皆さんはいかがお過ごしでしょうか・・・ 私は仕事・・・トホホ 本当はもっと早く書き上げたかったんですけど・・・遅れてしまいました。 クリスマスに・・・ もう今から30年以上前の時代が舞台の恋愛小説です。 ncode…

活動近況とコメントのお礼お返事

id:tedokunusi TedO 様 コメントありがとう御座います。 私の空想の世界は美しいといっていただけるとは・・・ ちなみにこちらも、もしご興味ありましたらお読みくださいませ。 「白くなったキャンバスに再び思い出が描かれるように」 http:// http://ncode.…

石坂洋二郎 著作 「青い山脈」を読んで

最近にになり、石坂洋二郎という作家を思い出した様に、その代表作である「青い山脈」を読もうと思い読了いたしました。 青い山脈 (新潮文庫) 作者: 石坂洋次郎 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 1952/11 メディア: 文庫 クリック: 10回 この商品を含むブロ…

短編小説投稿いたしました。

短編小説「想いでの重み」というタイトルで投稿いたしました。 歳を重ね人との出会いの中で求めるものを探り合うように、運命といえる人と出会う。 ちょっとアブノーマルな感じです。 sakakiharaetuha.hatenablog.jp

短編小説 想いでの重み

人との出会いは数奇なものだ。 今日は久しぶりに天気がいい。もうあの暑い夏の日差しは柔らかく私を包み込む様だ。 秋の花、コスモスが時折かすめる風にその花を軸の弱さを強調しているかのように揺れ動かす。 夏に大きく天に向けて咲き誇ったあの「ひまわり…

対岸の彼女 角田光代著作

直木賞作家の角田光代先生著作「対岸の彼女」を読みました。 対岸の彼女 (文春文庫) 作者: 角田光代 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2007/10/10 メディア: 文庫 購入: 8人 クリック: 70回 この商品を含むブログ (170件) を見る こちらの「対岸の彼女」は…

札幌アンダーソング 小路幸也著作

ちょっと異色の刑事モノ「札幌アンダーソング」小路幸也先生著作を読了しました。 札幌アンダーソング ラスト・ソング 作者: 小路幸也,あき 出版社/メーカー: KADOKAWA/角川書店 発売日: 2016/03/31 メディア: 単行本 この商品を含むブログを見る 「森山クラ…

テストの記事

これは・・・テストの記事です。只今設定中です。