さかき原枝都は 

さかき原枝都は へのご連絡やその他……です。

Emaergency Doctor 救命医 Ⅱ

 

Emaergency Doctor 救命医 Ⅱ

 

Emaergency Doctor 救命医(さかき原 枝都は) - カクヨム

Emaergency Doctor 救命医 「小説家になろう

estar.jp

 「命を粗末にする人って許せないんでしょ……未だに」

 「そして姉さんを救えなかった自分にも……」

 この声が何度もこだまする。
 忘れかけていたあの光景。そしてあの時、最後の言葉……

 俺は今、救命救急センターに勤務をしている医師
 毎日搬送されてくる患者の命を見極めなければならない。
 それがどんな状況下に置かれていても……

 

 先生、またそんな所で寝ているんですか。
 早朝、夜勤勤務の看護師が長椅子に横たわる俺に向かって言う。
 「ああ、おはよう」
 「おはようございます。今日もずっと病院にいらっしゃたんですか?」
 「まぁな」
 「ちゃんとご自宅に帰られています?」
 「ああ、たまにな」

 何となくさえない頭の中を弄(まさぐ)るかのようにぼんやりとした意識が現実に呼び戻される。
 家かぁ、もう5日は帰っていない。
 当直でもないのに俺は救命のカンファ室の長椅子で横たわることが多い。
 忙しいからか。確かに暇な仕事ではない事は確かだ。だが、レジデント時代の時の様に寝る間がないほど忙しいわけでもない。
 現に今、俺のチームにはフェローが3人在籍している。
 といっても俺もフェローとして勤務していたのはほんの数年前のことだ。いわば今は部長とフェロー達の中間地点といったところだろうか。
 いや部長よりも、その部下の専門医たちとの狭間にいると言った方がいいだろう。
 まぁ、上には上がある。ここは大学病院、教授と呼ばれる雲の上の存在もいる。でも、俺にとっては目にする事、気に留める事さえない人たちだ。
 つまり俺は大学病院での出世レースから早々とリタイアしたのだ。

 ならばなぜ、大学病院という一見お役所じみた階級出世ありきの病院にいるのだろう。出世レースという流れから外れている俺はこの環境に踏みとどまる必要性はないはずだ。市営医療機関でも十分俺の居場所は保たれるはずだ。 
 そう保たれるはずだ……
 その答えは単純な事。
 俺は俺というカラーでいられるこの環境がいいからいるだけの事。大学病院というのは、ある鉄則さえ守っていれば誰も何も言わない。意外と自由に動けるからだ。

 俺はただ、目の前にある消えかかっている命を吹き返らせる事に、己を投じたいだけだからだ。

 だがそんな俺にメスを入れた始めたのは、あの「屋上の自殺少女」と共に来た彼女だった。

 カンファ室の隣にあるICUで昨日処置をした少女の様子を見る。
 バイタルも昨日よりは幾分安定しているようだ。
 だが、まだ意識は戻っていない。


 「おはようございます、田辺先生」
 振り向く声に目を向けるとそこにはER執務部長の尾形靖幸(おがたやすゆき)が相変わらず間の抜けた表情で俺を見ていた。
 「また病院にお泊りでしたか」
 「ええ、まぁ」
 部長との朝の会話、いつもこんな感じだ。
 でも今日はちょっと違う。
 部長の横には例の彼女が一歩引いて立っていたのだから。
 彼女の存在からわざと目線を逸らすとそれを感じ取ったかのように
 「ああ、今日からうちのチームに加わる医師ですよ。教授からはお聞きしています。お知り合いだったようで……」
 「まぁ知り合いと言うほどでもありませんけど」
 わざと牽制球を送る。
 彼女はそれを聞いても顔色一つ変えなかった。
 ふぅ、と部長はため息をつき
 「それではカンファ室で皆さんにご紹介いたしますか。ではこちらに石見下先生」
 彼女は何も言わす部長の後についた

 相変わらずだな。まるっきり変わってやしない。
 あの頃と……

 彼女は石見下理都子(いわみした りつこ)医大の同期だった。
 成績は常にトップクラス。レジデント時代は同じ大学で研修を積んだ。その後彼女は脳外の道を歩み、俺は総合外科の道を歩んだ。
 最後に彼女と出会ったのは彼女がアメリカの大学に移籍する1年前の事だった。

 そう、彼女の姉。まゆみの葬式の時が最後だった。

 今日朝一番目のエマージェンシーコールが鳴り響いた。

 「はい城環越(じょうかんえつ)救命センターです」
 
 高速道にて車15台を巻き込んだ多重事故発生。
 負傷者多数、30人を超えている模様。現場現状詳細はまだ把握できていません。
 そちらでの搬送受け入れも視野に入れています。受け入れは可能でしょうか。

 コールを受け取ったフェローの中岡が俺の目線に訴える。
 「受け入れろ」つかさず俺はそのフェローに返した。
 「解りました。受け入れます」
 了解しました。詳細は追ってご連絡いたします。
 コールは切れた。
 「何名来るかわからん。まずは受け入れ態勢だ」
 スタッフに緊張が走る。
 「すいませんねぇ石見下先生。ご紹介もそこそこなのにこんな状態で」
 「いえ、大丈夫です」
 石見下が返した返事に部長が付け加えるように
 「お手柔らかにお願いしますよ。田辺先生」
 意味ありげに言うところが気に食わない

 再度、コールが鳴った。
  
 こちら北部消防レスキュー
 高速道において発生いたしました事故についての詳細です。負傷者暫定50名。内高速バス2台の乗客を含みます。現在北部救命センターのドクターによりトリアージが行われています。最重症者についてはドクターヘリで北部救命センターに搬送していますが、受け入れ限界の模様。
 これからそちらにヘリでの搬送をいたしますのでお願いいたします。尚、軽傷者につきましては隣接の市病院等に順次搬送中です。
 「こちら城環越救命、現在受け入れ体制には問題ありません。最重症者を優先搬送願います」
 了解しました。
 このように重大な事故により多数の負傷者が発生した場合、高度救命救急医療の施設を有するうちと北部救命センター大学病院は常に連携を取り合う。むこうはドクターヘリと言う医師の緊急デリバリーを行なっているが、ここ城環越救命センターでは行っていない。
 我々は常にここでの受け入れ態勢に全力をつぎ込むスタンスだ。

 「部長、コード9の発令を」
 この大学病院では業務コールのナンバーを設定している。
 コード7からコード11までの5分割。
 コードの数が増せばその重要性は高くなる。ただし特別コード4は患者の急変を意味し時には「ブルー」と言う事もある。
 コード9、最終コードの2つ手前。
 これは全医療科医員の招集を意味し、オペ室の確保及び造影検査科等の優先順位の変更を意味する。
 ちなみに、最終コード11が発令されたのはあの東日本大震災の時だった。
 俺が北部医科大学に在籍していたころ、許容キャパをはるかに超え尚も負傷者が担ぎ込まれてきた状況だったらしい。もっともあの当時は北部もここもみな同じ状況だった事は言うまでもない。
 「これは忙しくなりそうですね。教授に連絡をいたしませんと……」
 飄々(ひょうひょう)としながらも脚を浮きだたせながら部長は教授室へと向かった。
 
 「やれやれ、ようやく休めると思ったのに」
 当直明けの救命医、笹西直人(ささにし なおと)が言う。
 「救命の宿命ですよ先生」ぼやく笹西に救命ナースの仁科祐実(にしな ゆみ)が窘(たしな)めるように言った。
 「仕方がないか」仁科の声を耳にしたかどうかは判らないが笹西は腹を括った様だ。

 事故現場からここまでの距離を考えればそろそろヘリがヘリポートに到着する頃だろう。まして北部がパンクしている状況を考慮すれば陸路からも搬送は行われるはずだ。

 コード9を発令したが現在動ける医師の数は限られていた。

 まずは最重症者が搬送されるヘリポートに俺とナースの仁科が向かい、救急車の搬送口に笹西とフェローの高坂を待機させようとした時

 またエマージェンシーコールが高らかと処置室に鳴り響いた。

 こちら北部消防レスキュー
 15歳男性、野球練習中にボールが左側頭部に直撃……

 

この作品は投稿サイト「カクヨム」にも掲載しております。

kakuyomu.jp